第2話 通信制高等学校、生活陰惨事件

今から読者諸氏にご笑覧いただく物語は、我輩が全日制高等学校を中退し、通信制高等学校に入学した後のお話である。

通信制高等学校たる組織に属する人々の主たる目標は、月に数回のスクーリングと称される授業に出席し、レポートと称される大量の課題をこなすことで、高等学校卒業の資格を得ることである。

要は、通信制高等学校たるものは、なんらかの事情で全日制高等学校を卒業できぬ又はできなかった、所謂いわゆるレールから外れし者”の為の学校である。

通信制、闇が深きこと限りなし

通信制の学校では、無論、甘酸っぱい恋愛物語や汗臭い青春物語ありやしない。ただ存在するのは、やる気ない先生と、タバコを好む不良男児および女児、又は、我輩の如く社会から爪弾きを受けた陰キャのみなり。

ロータリーでは、生徒とおぼしき男たちが、タバコをくゆらせながら大声で談笑していた。隠キャたちはうつむきながらその横をサササと駆け抜ける。

涼◯ハルヒの憂鬱1)涼◯ハルヒの憂鬱とは、我輩が中学生の頃、隠れてみていた美少女系萌えアニメである。女主人公のハルヒが男主人公らとともにSOS団というお遊びサークルを結成する。彼らは、放課後、部室でオセロをしたり、カブトムシを捕まえに森に出かけたりする。大の高校生が子どもじた遊びにわきゃわきゃしてるのを見て、我輩は高校生活に期待を膨らませていた。の様な学園生活を欲していた我輩は、ただただ憂鬱の波に飲まれるのみであった。

闇々鬱々やみやみうつうつとした空気と、高卒資格を得るために淡々と通う名も知らぬ生徒たち——これらが、我輩の学園生活の全てである。

アウトローに傾くこともできなかった

ある日、同じく全日制高等学校をドロップアウトした知り合いの誘いで、パチ◯コたる機械遊びに初めて触れてみたのだが、ただただ御札が吸収されるのみであった。

そのため、「嗚呼ああ、こんな糞つまらない連中と何をやっているのだろう。スタートチャッカー2)スタートチャッカーとは、盤面中央部にあるパチ◯コ玉を入れる穴。ここに入れるとリーチやらなんやら面白い展開が起き、大当たりやらなんやらが起こる。に入れず外にあぶれるパチ◯コ玉一つ一つが、まるで俺たちの人生みたいだ」と、独り悲観的に生きる我輩であった。

今振り返ると、はつなるパチ◯コで大敗北を喫したのは幸甚こうじんと言わざるを得ん。

あの時に高々数千円で大当たりを引いたらば、今頃我輩はパチ◯コを嗜癖しへきとし、アサヒスーパードライを百薬の長たらしめん、万年まんねんうだつが上がらなき男と化していたやもしれない。

隠キャとは不良になりきれないクズのこと

こうして、周りの不良にもなりきれず、我輩は只々ひたすら家に籠る日々が続いた。今思えば、不良に成るなら成るで、ヤンチャたるものを経験すべきであった。

一歩後ろに下がってモノホンなる不良を侮蔑の対象とし、ああにはなるまいと偉そうに腕を組んで立っていたつもりであった。

だが、侮蔑の対象とされるべきは、なにより我輩かもしれない。

不良は不良で大層楽しそうに生きていらっしゃった。一方我輩はジメジメした寝ぐらであくびをしているのみであった。

親父がよく言っていた。

「不良になりきれないくせに!」

我輩の有しているクズ特有の気持ち悪さを、余りにも的確に表現していた。

母校喪失コンプレックス

高校を中退したことにコンプレックスを感じていた我輩は、母校を強く欲していた。

今思えば馬鹿らしいが通信制に漂う悲哀感に悪影響を受けたのだろう、我輩にとって全日制を辞めるということは、人生のリタイアに近い大敗北と捉えていた。日本人らしく、みなと同じ生活に戻らねばならない、そんな誤った強迫観念で苦しみを養育していた。

我輩は、高認3)高校認定試験の略のこと。これに合格すれば高校卒業と同程度の学力があると公的に認められる。によって高卒たる地位を得られる事実を知っていた。しかしながら、我輩はあえて面倒なレポートをこなして、通信制高等学校の卒業を目指したのであった。

思い出は一つもない学校、しかし我輩にとっては唯一の母校

いよいよ卒業の時期が迫る。

先生は卒業式に参加するかどうかの意思を問うてきた。何を言っているんだこの大人は、参加するに決まっているだろうと思った我輩は、以下の事実を知って驚愕したのであった。

通信制では卒業生の半分しか卒業式に参加しない。

通常では考えられない不思議な卒業式であるが、我輩にとっては一番大事な大イベントであった。この卒業式に参加することではじめて、この学校は我輩の母校であると自信を持って主張できるのだ。

そんな卒業式の途中、生徒会会長が生徒の未来をこう熱く語った。

経歴を後ろめたいと思わず、胸を張って前進してください。いつか、人と違う高校に入学したことが、うんと誇らしい思い出になるはずです。


我輩は強く感動した。

あまりにも学園生活が暇に次ぐ暇であったため、学生らしく生徒会に入ろうかな、なんて思っていた時期があった。だが、通信制でイキるのもどうかと思って、途端に恥ずかしくなって、おずおず尻込みしてしまった。

生徒会室を通る時のあのもどかしさを大人になった今では宝物だ。この思い出は一つの教訓を常に思い出させてくれる。

どんなことであっても、挑戦したいなら、いま、挑戦するべきなのだ。

注釈(References)について
注釈記号(例えば、1)、2)等)をクリックすると注釈に飛びます。注釈の矢印(↑)をクリックすると、注釈記号のある場所に戻ります。マジで便利すぎ。

References   [ + ]

1. 涼◯ハルヒの憂鬱とは、我輩が中学生の頃、隠れてみていた美少女系萌えアニメである。女主人公のハルヒが男主人公らとともにSOS団というお遊びサークルを結成する。彼らは、放課後、部室でオセロをしたり、カブトムシを捕まえに森に出かけたりする。大の高校生が子どもじた遊びにわきゃわきゃしてるのを見て、我輩は高校生活に期待を膨らませていた。
2. スタートチャッカーとは、盤面中央部にあるパチ◯コ玉を入れる穴。ここに入れるとリーチやらなんやら面白い展開が起き、大当たりやらなんやらが起こる。
3. 高校認定試験の略のこと。これに合格すれば高校卒業と同程度の学力があると公的に認められる。