満員電車よりも苦痛なるものは莫なし(未完成)

我輩が憎きものは枚挙にいとま無きものを、殊更ことさらに憎きものは満員電車と言ふべし。

満員電車とは非健康的で非文化的な最低な状況1)憲法には生存権たるものが存在する。この権利は、全ての人間に、健康で文化的な最低限度の生活を送る権利があると保証する。しかしながら、満員電車に揺られる社会人は、言うまでもなく健康でもないし文化的でもない。

満員電車とは、とりわけ風流ともくされる東京人という物好きなる生き物が、わざわざ社会の歯輪しりんとなりて、大航海時代以降の奴隷船の船員も魂消たまげる程度の窮屈さを以ってして、互いにパーソナル・スペースを侵害し合い、溜息を吐き、鬱屈した表情を浮かべ、時には領域死守を掲げて互いに争闘を繰り広げる様な、非常に非人間的な電車内の状況のことである。

世の中たるは確かに好まざる事限り無く存在し、辟易することに間断は無い。しかしながら満員電車たるは、さまざまな側面において厳峻げんしゅんそびゆ不利点が赤条条に露見される。此れ等のことは東京に家宅を持てば何ぴとも理解し得ることである。

住宅ローンで繋縛けいばくされればもう逃げ場なし

国家の檻で呼吸する人間たる生き物は、常識に揺蕩たゆたえ、結婚たる責任増幅契約を異性と締結し、畢生ひっせいの大半を束縛極める係累を扶養せねばならぬ。凡人男性の脳内には、社会常識に対する疑念一つ浮上せず、野生の猿が見様見真似で雌猿に交尾を求めるが如く、社会常識が提示した画一化的人生設計の猿真似を徹頭徹尾敢行す。

彼ら男性たるは、社会的義務の履行及び扶養完遂の為に、社会通念または社会福祉という道具を以てして家畜を飼い慣らす技術に長けておる俗悪組織、すなわち企業と奴隷契約を締約するのみならず、未来永劫繋縛的奴隷宣言契約、すなわち住宅ローンを氏族的暴利貪り集団である不動産及び住宅業者と締結する。

受験又は就職活動での努力が結実し、大都会に職場を持ち、東京又はその郊外に新築一戸建てを購入した、「勝利の組」と賞賛された凡人男性は、直ぐに満員電車の苦痛の程をりょうする。その凡夫がその夫人に対し、よもや満員電車内に於ける苦悶を理由に転職したいとは言いだせまい。そう、一生かけて支払はねばならん借金が彼ら夫婦の背中をしぶとく睨めついておる故に、逃奔を試みるは成せるあたはざる業と言うべし。

田園都市線沿線はこの好個の例なり

かつての田園都市線沿線の住宅街たるは一寸の高級感を醸成しつつ、その地価は良心的様相であった。それ故に、東京に家宅を持つ事が一種の社会的地位なりと鼻膨らませた若年夫婦がこぞってこの地の一戸建てを購入せし。この地は、閑静かつ治安良好なる緑多き住宅街であって、交通の便も良質なるのみならず、大型商業施設が存在することから利便性も非常に高いこと限りなし。

従って、夫が通勤時間中に壮年男性に揉まれていることなぞつゆ知らぬ女君は、非常に快適なる主婦活を展開しておるのであって、今更、移住計画など許しはしない。男は家宅に対する借金を抱えてる以上、奴隷船に収容される身分をしかと受容し、借金完遂のため永らく堪え忍ばねばならん。

References   [ + ]

1. 憲法には生存権たるものが存在する。この権利は、全ての人間に、健康で文化的な最低限度の生活を送る権利があると保証する。しかしながら、満員電車に揺られる社会人は、言うまでもなく健康でもないし文化的でもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です