関東のゴミ屋敷掃除・遺品整理は「まごのて」で。遺品整理は亡き家族の贈り物〈東京都〉

どんな人間も、いつかは向き合わないといけないこと。それは、家族の死です。


遺品整理は、最期のイベント。
まごころ込めて、前向きに

まごのては、家族のサイゴを保証します。
東京拠点に関東全域で活躍中。勿論、ゴミ屋敷掃除もやってます。
サイト:株式会社まごのての遺品整理

お雛様のイラスト

このひな人形、誰のだろう?

遺品整理をしていたら、ひな人形がでてきました。 この時のお客さんは、幼い時に父を離れた女性のケイコさんで、孤独死した父の遺品整理を私たちに依頼してきたのです。 「ケイコさん、このひな人形に心あたりはありますか?」 別の女性とお付き合いでもして、子供でも作ったのかしらと、ケイコさんは知らない顔。 後日、このひな人形の存在の意味が明らかになりました。 娘が結婚して子どもを授かったことを知った父が、ケイコさんに送ろうと思って、送れなかった、そんな父の、不器用な愛の形でした。

清掃業って、こんな感じ

家族の最期のイベントもサポートする

でも、清掃業といっても、ピンからキリまで。良い業者と悪い業者は月とスッポン1)スッポンとは、見た目は亀だが、甲羅がとても柔らかい動物。そのやらかい甲羅のおかげで、狭き岩場に隠れることができる。見た目は軟弱そうだが、一度噛みついたら絶対離さない。スッポンの肉や血は古くから食され、後者はとくに滋養強壮剤として有名である。滋養強壮剤とは、体を養い、強くて健康になるための薬剤のこと。天で輝く月と泥の中のスッポンには大きな差があることから、「月とスッポン」という有名な諺が生まれた。よ、そりゃぁ。スッポンの業者につかまると、上記のエピソードのような思い出深くてほろ苦い、ハートウォーミングな気持ちどころか、超がっかり幻滅萎えポヨ2)萎えとは、植物がしなしなに萎えてしまうように、気分が盛り下がる表現。「-ぽよ」とは、平成の女子高生が頻用する、明るくポップな気持ちを表す語尾である。有名使用例として、「暇ぽよ」「あげぽよ」などが挙げられる。

遺品整理を行う多くの業者は、粗大ごみ回収業者や便利屋です。

こいつらのような、荒くれものに、最期のイベント任せたい?

任せたいなら止めやせんが、最期のイベントが台無しになる覚悟はしなければならん。高額な費用の請求、窃盗、不法投棄… ロクなことが起こらない。こんな業者に頼むぐらいなら、深夜の歌舞伎町のほうがまだ治安が良い。いいや、それでは困ると思っているアナタ。まごころをお求めのアナタ。おすすめありますわよ、奥さん。

清掃業者とは

ゴミ屋敷掃除や遺品整理等の特殊的清掃に関する知識及び経験にける灑掃さいそうプロフェッショナル。業界に対する世間一般的認知度が低いが、誰しもが訪れる“人の死”に係る非常に肝要な職業である。邪悪かつ雑然なる塵芥ちりあくたを完膚無きまで浄化せしシャーマン的偉大さを有する。

“まごころ込める”サービス

先ほどのひな人形の話は、関東で活躍する清掃業者「株式会社まごのて」に勤める清掃スタッフのモノホン3)モノホンとは、「本物の」を表す業界用語。の体験談である。我輩は今回、「株式会社まごのて」の素晴らしいサービスをご紹介したい。清掃といってもだな、世の中にはいろんな清掃が存在しておる。どんな清掃も、まごころ溢れる「まごのて」にお任せしちゃえば解決である。

遺品整理
亡くなられた方の大小さまざまな遺品やゴミの数々を、整理して部屋を綺麗にすること。故人やご遺族の大切な遺品もあるため、ただのゴミ掃除ではない。電化製品や家具はゴミとして処分するだけでなく、下取りに出したり、寄付に出したりする。通帳預金や貴金属等の貴重品はご依頼主にご返却する。このような分別は素人が簡単にできるものではない。

ゴミ屋敷掃除
夕方のニュースでよく特集として取り上げられる、いわゆる「片付けられない」方のお部屋を綺麗に掃除すること。ゴミが溢れる生活は、精神衛生上悪影響しかないのは想像できるだろう。多くの清掃経験を積んだ「まごのて」スタッフは言う――ニュースで見かける「虐待」は、ゴミ屋敷から発生していることが多い。部屋の乱れは心の乱れとはよくいったもので、ゴミ屋敷は人間関係をも悪化させてしまうのだ。

特殊清掃
人の孤独死や事故死などを背景に、死体・糞尿・嘔吐物等の悪臭や酷い汚れが残るお部屋を、特殊かつ高度な技術を用いて綺麗に掃除すること。特殊清掃は一般のクリーニング業者は全く太刀打ちできん。特殊清掃が必要な方は、技術に長け、かつ、経験豊富なる「まごのて」のような業者に依頼するべきである。

社名から把握できるよう、こちらの会社のサービスは日本人的な誠心誠意をウリにしている。

「まごのて」スタッフの飯田さん、例えば、どんな「まごころ」を心がけているの?

私たちは、「遺品整理」という業務を、「故人による最期のイベント」と呼んでいます。故人を尊重せず、不用品回収のような感覚で、遺品整理を依頼する方には対応いたしておりません。私たちは、気持ちを大切にいたします。

んまさに、んまごころ!!

一生涯で清掃業者に依頼をする回数はさほど多くないだろう。ほとんどの人が清掃業初心者だ。そんな初心者を貪り食う業者がいないわけではない。「お、も、て、な、し4)2020年の夏季オリンピックの開催地を決定するための委員会であるIOC(International Olympic Committee)で、有名なアナウンサー“滝川クリステル”が日本特有の美しい概念「おもてなし」を取り上げて、東京開催を猛烈にアピールした。おもてなしを「見返りを求めないホスピタリティの精神」と捉え、日本人の根底にある美徳を合掌とおじきの動きで表現した。なお、2020年の開催地は東京都に決定された。を大切にするニッポン人こそ、「ま、ご、こ、ろ」を基盤とした優秀なスタッフを依頼することをおすすめしたい。どこのウマかワカラン業者に依頼するより、安心感が桁違いだ。

そのほか、こだわりの「まごころ」ポイントをまとめたぞ。

まごころポイント(1)ゴミが片付けられた≠ゴール

缶の山

上記の画像を見ればわかる通り、「まごのて」スタッフが本気マジになるとどんなにゴミが溜まろうが、へっちゃらである。

そりゃー、「まごのて」スタッフは年間800件以上も清掃の依頼をこなしているのだからな。

これが、プロってもんですな。

「ゴミを片付けたいと思っているが、余りにもヒドイ部屋だから業者を呼ぶのに躊躇する」なんてことは思わないように。「まごのて」ならどんな案件も、余裕のよっちゃんなのである。

溜まるゴミ袋

いったいなぜ、このようなゴミの山積ができるのか?

その理由ワケは、その人が単にダラシナイだけではない。生まれつき注意力が不安定な性格の人はゴミを溜めやすいと言われている。一言で言っちゃえば、性質、ってところだろうか?

しかし、生来的な原因だからといって、自宅をゴミ屋敷化してしまうクセを治すことをあきらめちゃダメ。ゴミ屋敷は精神面に悪影響なのは言うまでもなく、ダニやゴキブリなどの害虫を生み、特にハエは危険である。腐敗物を渡り歩くハエの足から感染症を引き起こす可能性だってあるのだ。

それじゃあ、片付けられない人はどうしたら良いか?答えは単純かつ明快、明快かつ単純である。清掃に深く携わってきた清掃のエキスパートにアドバイスを求めるのが一番良い。

適切な助言と方法の提示があれば、片付けられない人間の未来も少し明るくなる。「まごのて」のサービスでは、どのような部屋にしたいか、また綺麗な部屋を実現できたら何がしたいかを重視する。展望無きゴミ掃除は、意味がない。しっかり前を見据えて、未来のためにゴミ屑を浄化する。これが、まごのてクオリティである。

まごのては、このように清掃「」のサポートも充実しているのだ。

んまさに、んまごころ!!

まごころポイント(2)
男に清掃されるのはチョット… そんな女性も超安心のサービス


近隣住民にバレないように清掃してくれるのか?
プライバシーは保護してくれるのか?
男たちに部屋を漁られるのは嫌だ…

清掃業者に依頼することなど滅多にないため、以上のような不安が思い浮かぶ。とりわけ女性なら、より一層気になる点であろう。だが、安心してほしい。思いやりを重視する「まごのて」は、そんな不安も勿論対策済みだ!

普通の業者は屋根のない平ボディと呼ばれる種類のトラックを利用してゴミ屋敷清掃をおこなう。一方、「まごのて」では箱型トラックを利用してゴミ屋敷清掃をすることも可能だ。はたから見れば引っ越しにしか見えない。しっかりプライバシーを考慮しているのだ。

普通の業者は平ボディのトラック。「まごのて」は箱型トラック

また、女性スタッフを交えた清掃をおこなっているので、一人暮らしの女性も安心だ。同性のスタッフが、女性特有のお悩みも親身に答えてくれる。

以上のように、「まごのて」はカユイところにも手が届くってなわけだ。すんばらしいね。

まごころ込めた高い再発防止率!
ゴミ屋敷清掃なら「まごのて」に決まり

ゴミに囲まれる生活から解放しよう。賢く、業者を、選ぶなら。
東京拠点に関東全域で活躍している「まごのて」で。
サイト:株式会社まごのてのゴミ屋敷清掃

孤独死の現場やウジ・ハエも対処しちゃうぜ

最期に「まごのて」は特殊清掃もやっていることも説明せねばならん。後述した特殊清掃の定義を振り返ろう。

特殊清掃
人の孤独死や事故死などを背景に、死体・糞尿・嘔吐物等の悪臭や酷い汚れが残るお部屋を、特殊かつ高度な技術を用いて綺麗に掃除すること。特殊清掃は一般のクリーニング業者は全く太刀打ちできん。特殊清掃が必要な方は、技術に長け、かつ、経験豊富なる「まごのて」のような業者に依頼するべきである。

要は、特殊清掃とは、壮絶な現場を綺麗にするモノスゴイ大変な業務ってなわけだ。無論、手練れの「まごのて」スタッフはこの業務をこなすことができる。

特殊清掃を必要としている人は、発生している異臭や害虫の被害を最小限にとどめるコトが何よりも大事だ。というのもだな、特殊清掃が必要な現場では、放置されたウジ・ハエ・ゴキブリどもが更なる地獄を演出し続ける。その現場の周囲の住民からしたら、大迷惑この上ない。そのために、清掃業者はスムースかつスピーディな対応が求められるのだ。

関東で活躍する「まごのて」は、東京23区で最短60分で駆けつける!!早い、早すぎる…

依頼されて駆けつけたその日に以下の一次処理をしてくれる。

    • ウジやハエの駆除
    • 血液や腐敗体液の除去
    • 異臭の防止

    etc.

初めての特殊清掃で焦ってる方はすぐに「まごのて」に相談することをおすすめしたい。「まごのて」の清掃サービスは、安心安全で高度なサービスであることは散々説明した。詳しく知りたい方は、ホームページを参照すると良いだろう。

東京都23区の特殊清掃SOS!
「まごのて」なら60分で駆けつけます!

即日駆けつけで、ウジ・ハエ処理と悪臭防止!
「まごのて」は関東全域で活躍しています。
サイト:株式会社まごのての特殊清掃

References   [ + ]

1. スッポンとは、見た目は亀だが、甲羅がとても柔らかい動物。そのやらかい甲羅のおかげで、狭き岩場に隠れることができる。見た目は軟弱そうだが、一度噛みついたら絶対離さない。スッポンの肉や血は古くから食され、後者はとくに滋養強壮剤として有名である。滋養強壮剤とは、体を養い、強くて健康になるための薬剤のこと。天で輝く月と泥の中のスッポンには大きな差があることから、「月とスッポン」という有名な諺が生まれた。
2. 萎えとは、植物がしなしなに萎えてしまうように、気分が盛り下がる表現。「-ぽよ」とは、平成の女子高生が頻用する、明るくポップな気持ちを表す語尾である。有名使用例として、「暇ぽよ」「あげぽよ」などが挙げられる。
3. モノホンとは、「本物の」を表す業界用語。
4. 2020年の夏季オリンピックの開催地を決定するための委員会であるIOC(International Olympic Committee)で、有名なアナウンサー“滝川クリステル”が日本特有の美しい概念「おもてなし」を取り上げて、東京開催を猛烈にアピールした。おもてなしを「見返りを求めないホスピタリティの精神」と捉え、日本人の根底にある美徳を合掌とおじきの動きで表現した。なお、2020年の開催地は東京都に決定された。