【明日は合格発表】池袋から南大沢に引っ越します!池袋の思い出

いろいろ感慨深いものだ。我輩は大学に行ったことがなく、そのまま東京で働いた。それがいま、大学の合格発表に不安に揺れているのは、なんだか笑える。

我輩は20代半ばなので大学生というにはやや年老いてるわけだが、海外では大人が大学で学び直すことは割と普通のことなので、我輩も率先して「こういう人生もありでしょ?」を体現していけたらいいと思う。

大学に通う理由はいろいろあるが、USCPA(米国公認会計士)のライセンス取得のために「学位が必要」と言う方が楽なので当面はそういうことにします。

ど真ん中コネコ

池袋は言うまでもなく大都会。散々遊ばせてもらった。

池袋の魅力を語ったらキリがない。

一番思い出深いのは「安い」のに「新鮮でうまい」回転寿司屋さんが多く、ほぼ全店舗制覇したということだ。

池袋の回転寿司は回転しない。
池袋の回転寿司屋に行く人は回転する寿司を食べないのだ。

どういうことかというと、回転している寿司の真ん中に寿司を握る渋いおっさんがいて、みな彼に寿司のネタを注文して、彼が握った出来立ての寿司を食べる。

回転している寿司には誰も見向きもしない。
あれはイナカモンが食べるものさ。

寿司好きが興じて回転しない高い寿司屋に行ったのだが「あれ、値段ほど大しておいしくないやん」と吃驚しました。

で、不思議なんだが、池袋はほんと回転寿司が多い気がする。「こんなところにも回転寿司あるやん」みたいな。しかもだいたいどこもうまい。海に近いからか新鮮な魚が入ってくるのだろう。なんか理由があるのかな?

実家に戻ったとき、回転寿司に入ったら明かに冷凍の魚でクソまずかったり。そのとき、池袋の回転寿司はマジでうまいんだなとしみじみ。

そんな魅力いっぱいの池袋を離れ、大学のキャンパスがある南大沢に住むことにした。(受かったらの話だが。)

南大沢の魅力については別記事で説明しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です