核となる主力カテゴリを2つ追加します

クズ猫

実用性と非実用性のハイブリッド

1つは「クズの教養」である。

現在の「クズの英語」カテゴリを、学習・知識といった広い目線で「クズの教養」に発展的に統合させる予定である。「クズの教養」のカテゴリにおいての主力コンテンツは無論、「クズの英語」であって、こいつぁ、とりわけ強い検索流入が期待できる。

実は、当サイトの構想時代、「クズの教養」の二番目の主力子カテゴリとして「クズの受験」を創設する予定であった。我輩は、再受験で東大を目指しいい線まで行ったのだが、東大は我輩を落としやがった。つーことで、「クズの受験」の作成は叶わなかった。

“核となる主力カテゴリを2つ追加します” の続きを読む

自動販売機の前でジュースを選ぶ時間は無駄という話

人間は悩むことが幾千も存在す

それはなにも、今後の人生に深く影響を与える悩みだけではない。120円を投入した自動販売機を眼前に、コカ・コーラのボタンを押すべきか、オランジーナのボタンを押すべきか、といったような、小なるお悩みに我々は多くのエネルギーを費やしている。

我々は、色々な選択肢において、無意識にどちらが正しいか、どちらが能率的かを考える。その小さな思考を毎日繰り返していると、莫大なエネルギーを使用していることに気付くのだ。

例えば、ある暑い日において、炭酸好きなAさんたるは、自動販売機を前にどの缶ジュースを飲もうか迷っている。彼はその後、牛丼屋の券売機を前にして並盛りにするべきか大盛りにするべきかを考えている。Aさんは、このような調子でさまざまな局面において、どっち選んでも今後の人生になんら影響がないであろう小さなことに、それなりのエネルギーを利用して思考を展開している。

些細なことやもしれぬが、エネルギーの無駄遣いも、塵も積もればなんとやらである。

“自動販売機の前でジュースを選ぶ時間は無駄という話” の続きを読む

大幅にサイトの外観を変えようと悪戦苦闘しているのだが

クズ猫

勉強すること、日々山の如し

毎晩、深夜に帰宅し、さあサイトを編集するぞと勇猛にパソコンを開く。眠気の襲来と翌日の責務の重圧感にエネルギーを消費しつつも、耐えてサイトを編集したり、クズの広告の記事を書いているのだ。

その際に、特には腹立たしいものは、コードを打ち込んでも思い通りに反映できないことだ。パソコンをバットでたたき割りたくなる。さっさと反映させて、我輩を寝かせてくれと言わんばかりに一人で激憤する。そこで我輩は常日頃から思う。

高度なプログラミングは覚えなくてもいいから、最低限のwebの知識は覚えておかねばなと。何事も勉強が大事であるということだ。

ベンチャー企業に勤めて、我輩は初めて表計算ソフトに触れた。その際に、正社員を経験してきた同僚や先輩は当たり前のように関数を使って、美しき表を作り上げていた。我輩はエクセルもスプレッドシートも触ったことがなかったため、表計算の利便性には度肝を抜かされた。

我輩は、ネットで逐一調べながら必死に関数を覚えて、仕事で表を作ったり、又プライベートでも自分の勉強量を記録するために表計算を使うようにした。

世界が、うんと広くなった。

我輩は若年のゆえか、知らぬことが多すぎている。しかし、我輩はそれで充分であると思っている。それは、知識がないことに満足しておるのではなく、知識が無いとはっきり理解できていることに、充分なのだと言いたいのだ。

我輩はいま、将来のために、もっというと、いつかはだれかのために、読者に内緒でいろんなことを学習・勉強している。我輩は常に進歩しているのである。