自動販売機の前でジュースを選ぶ時間は無駄という話

人間は悩むことが幾千も存在す

それはなにも、今後の人生に深く影響を与える悩みだけではない。120円を投入した自動販売機を眼前に、コカ・コーラのボタンを押すべきか、オランジーナのボタンを押すべきか、といったような、小なるお悩みに我々は多くのエネルギーを費やしている。

我々は、色々な選択肢において、無意識にどちらが正しいか、どちらが能率的かを考える。その小さな思考を毎日繰り返していると、莫大なエネルギーを使用していることに気付くのだ。

例えば、ある暑い日において、炭酸好きなAさんたるは、自動販売機を前にどの缶ジュースを飲もうか迷っている。彼はその後、牛丼屋の券売機を前にして並盛りにするべきか大盛りにするべきかを考えている。Aさんは、このような調子でさまざまな局面において、どっち選んでも今後の人生になんら影響がないであろう小さなことに、それなりのエネルギーを利用して思考を展開している。

些細なことやもしれぬが、エネルギーの無駄遣いも、塵も積もればなんとやらである。

巨大匿名掲示板2chの創設者であるひろゆき氏は、全ての斯様な小さな選択肢に対して、あらかじめあれこれ悩まないために、「この時はこうする」と決めているそうだ。

選択肢を無意識に減らす生活をしています。…だから僕は「こういうときはこうしておこう」とルールを先に決めます。それで実際に「これ、違うな」と思ったら、その都度見直してルールを変えます。

(引用:無敵の思考 —誰でも得する人になれるコスパ最強のルール21)

何と無く我輩も「小さなエネルギーの無駄遣い」に敏感な人間であったのだが、面倒であるので確とルールを決めたことがない。んわけであるから、小さなエネルギーを無駄にしていると分かりつつも、エネルギーの無駄遣いはなくならないのだ。

未だに自動販売機の前に立つと、何を飲みたいのかと深く悩みこむ。また、ペッパーランチでペッパーライスを食うと決めておっても、入店しメニューを渡されてからすぐに「やっぱりハンバーグ定食にしようかしらん」という浮気心が頭を掠めて思考リソースを無駄に費やしてしまう。

これでは無駄遣いとわかりつつも、誰もいない部屋でエアコンをつけっぱなしにしているのと同等の無益なる行為ではあるまいか。

つうことなので、我輩もかなり詳細なルールを決めることにした。

ワガクズ選択ルール

(1) 一般に、二者択一の選択を迫られた際、その選択肢が「成功する可能性は低いが、大きな利益が得られる」選択肢と「成功する可能性は高いが、小さな利益しか得られない」選択肢であった場合、前者を選択する

我輩はサラリイマンとして生きるつもりは一毫もない。故に、そもそも人生の生き方自体が、ハイリスクハイリターン思考である。したがって、大小の選択肢の基準は、ハイリスクハイリターンを拠り所にするのが妥当ではないかと思われる。

(2) 飲食の選択については、その日に食べたいと一番最初に思い浮かんだものを必ず注文・購入し、気が変わった場合は別日で食すとする。基本的に飲み物はコーラ又はコーヒーを注文・購入し、食事の際は水を飲む。

くだらないことかもしれないが、これはかなり大事なことだ。というのも、食事は毎日訪れ、毎日のように我々人間を悩ませる。先に行動規範を決めておくと、非常に楽である。マックでセットを頼んだ時、「お飲み物はいかがなさいますか?」との質問に我輩は何度も悩んできた。いつも悩んだ挙句、「んじゃぁ、コーラで」と言っている気がする。

(3) 行動の選択肢については、想像通りの状況である場合は、一番最初に思いついた行動を行うが、状況が想像と異なっている場合は臨機応変に対応せねばならない。

行動をルール付けて制約することはかなりむつかしい。というのも、状況たるものは、信じられない勢いで変化してゆくため、意固地にルール通り行動したってうまくいかない。つーことなので、臨機応変という言葉に逃げてみたが、状況を細分化して詳細にルールを作り上げればなんとかなるやもしれん。そこはまあ、おいおいということで。

大幅にサイトの外観を変えようと悪戦苦闘しているのだが

クズ猫

勉強すること、日々山の如し

毎晩、深夜に帰宅し、さあサイトを編集するぞと勇猛にパソコンを開く。眠気の襲来と翌日の責務の重圧感にエネルギーを消費しつつも、耐えてサイトを編集したり、クズの広告の記事を書いているのだ。

その際に、特には腹立たしいものは、コードを打ち込んでも思い通りに反映できないことだ。パソコンをバットでたたき割りたくなる。さっさと反映させて、我輩を寝かせてくれと言わんばかりに一人で激憤する。そこで我輩は常日頃から思う。

高度なプログラミングは覚えなくてもいいから、最低限のwebの知識は覚えておかねばなと。何事も勉強が大事であるということだ。

ベンチャー企業に勤めて、我輩は初めて表計算ソフトに触れた。その際に、正社員を経験してきた同僚や先輩は当たり前のように関数を使って、美しき表を作り上げていた。我輩はエクセルもスプレッドシートも触ったことがなかったため、表計算の利便性には度肝を抜かされた。

我輩は、ネットで逐一調べながら必死に関数を覚えて、仕事で表を作ったり、又プライベートでも自分の勉強量を記録するために表計算を使うようにした。

世界が、うんと広くなった。

我輩は若年のゆえか、知らぬことが多すぎている。しかし、我輩はそれで充分であると思っている。それは、知識がないことに満足しておるのではなく、知識が無いとはっきり理解できていることに、充分なのだと言いたいのだ。

我輩はいま、将来のために、もっというと、いつかはだれかのために、読者に内緒でいろんなことを学習・勉強している。我輩は常に進歩しているのである。

〈近況報告〉ツイッターの集客の分析やサイトの方向性の話

どうでもいい猫

専ら我輩は、ツイッターばかりやっておって、訪問者から「また更新してへんやないか」との声が聞こえてきそうである。更新しないのは、SEO的にもあんまりよろしくない。といっても、何も遊びでツイッターをやっているのではなく、検索流入が増えるまでは、ツイッターを主な集客源にしようと躍起になっているにすぎず、無論、サイトの成長のためである。

ツイッターで集客できたのか?

んで、ツイッターの集客がうまくいっているかどうか。これが読者諸氏が気になるところであろう。正直申し上げると、うまくいってる。下劣な手段1)ここでいう下劣な手段というのは、相互フォローアカウントを無差別フォローしたり、フォロワーを購買したりすることを指す。を用いず、アクティブユーザーのフォロワー――我輩はこれを”利益あるフォロワー”と呼びたい――が1日20人のペースで増加しており、サイトへのアクセス数が増加傾向にある。なお、我輩の調べによると、1日のフォロワー増加数は5人未満が普通であるようだ。

横に座る猫

単純計算すると、我輩は1年で7000人フォロワーが増えるってなわけだ。10年で7万人のフォロワーである。そういうわけで、長期的に見ればインフルエンサー的な立ち位置に登り詰めることは容易でないにしろ、そんなに高すぎるハードルではないというのがお分かりであろう。7万人のフォロワーがいれば、自分の記事の拡散が容易となり、サイトへのアクセス数や読者の爆増が期待できるのは言うまでもないだろう。

“〈近況報告〉ツイッターの集客の分析やサイトの方向性の話” の続きを読む

References   [ + ]

1. ここでいう下劣な手段というのは、相互フォローアカウントを無差別フォローしたり、フォロワーを購買したりすることを指す。

接客業は日本独自の民族宗教である

お客は神ではない。我輩と同じ人間である。

世界には様々な宗教がある。

そのうち世界宗教とは、キリスト教・イスラーム教・仏教であるが、信仰者が多い順では仏教よりヒンドゥー教の方が多い。ヒンドゥー教は確かに信仰者が多いが、世界宗教のくくりに入らない。

なぜヒンドゥー教が世界宗教ではないのか?一言でいうと、この宗教は世界に広まっていないからだ。ヒンドゥー教は、世界宗教と異なり、一つの国家内で同じ民族間で信仰されている。この形の宗教を、民族宗教と呼ぶ。ユダヤ教なんかも民族宗教だ。

それでは日本の民族宗教とは何だろうか。

日本国で日本人が強烈に信奉している宗教を探せば宜しい。神道に決まっているだと?仏教徒が多いだろって?まったく認識が甘いと言わざるを得ん。日本人の日常に最も密接な宗教が1つあるではないか。

それは接客業、いや接客教のことである。
“接客業は日本独自の民族宗教である” の続きを読む