民法むっずー!

 

前期ではzoom授業中疲れて寝ていたり、
レジュメをしっかり予習する時間もなく、
あれよあれよと、土壇場でテスト勉強をして
前期末を終えたものである。

 

専門教育科目(つまり、法学部所属が受ける本格的な科目)のテストは、
後期にあるので、油断していたのだな。

 

で。この専門教育科目が全部(でも楽しい)

 

 

刑法なんて先生の言ってることが全くわからないから、
あとで焦りながら基本書開いて勉強してました。

 

わざわざ人生を迂回して大学に入ったんだ。
ギリギリ進級みたいな感じになるのは嫌です。

ナノデ、9月からの1ヶ月の間の夏休みに勉強したのだが、
勉強の夏だと言うべきである。

 

夏休みなのだから時間的に余裕があると思っていたが、
復習が終わらなかった(おいおいウソだろ…)

 

んでだな、どういう勉強をしたかというと基本的に大学の内容。
(だって授業理解できてないんだもん)
夏に頑張ったおかげでかなり理解できるようになったけどな。

 

とにかく民法が難しい!
ただでさえ難しいが、先生も厳しい!
文字がびっしり入った大量のレジュメ読み込んで理解するだけでも一苦労です。

(どこの大学でもそうだが、
民法落として留年してる人は多い。
我輩の学友も一年前期で既に挫折して必修の民法を落としてる。)

 

さて、ここで学生の多くは嘆く。なんでこんな難しいのだと。
先生だーいきらいと!

しかし我輩はホントに思う。
彼ら先生たちは、我々ガクセイをいっさいなめていない。
ついてこれるならついてこい。
技能を高めたいならくらいついてこいと。

 

それってさ、うれしいことだよね。本気で向き合ってるってこと。
ありがたいと思わなきゃね。

 

謙虚犬とクズ猫

【大学一年生前期】大学の成績について/法律のプロになりたーい!

結論。

良かった!

落単なしで履修した科目ほぼ秀(最高評定)であった。
法律系のテストはすべて論述であるし、
レポートは長文を書かせられます。
なので、大学は文章力がかなり評価されるようだ。
ゼミでも積極的に発言し、秀が取れた時は本当に嬉しかった。

マジメ犬 問題はこれからだぞ

後期のテストが一番大事なので、
これからもっと本気で勉強しようと思う。
これからもっと法律は難しくなる。
気を引き締めていくつもりだ。

むしろ火がついて、いま、
大学の授業の総復習やらで勉強で忙しい。
あわよくば法曹コースの選抜に入りたいと思ったり。
(法曹コースとは、成績上位者が選抜される法学部特有のコース)

クズ猫

我輩はもともと、条文の堅い文章が好きで、
学問として法律が気になる存在だったのだが、
司法試験などの法律の資格に受かるなんて
無理に決まってると思い込んで、
実務で役立つ会計を目指していこうと思っていたのだ。

しかし、都立大の「法学入門」で事例問題(裁判官がどう事案を解決していくかを考える問題)を扱ったときに、なんて法律は面白いんだ!と心を打たれた。これを仕事にできたらどれだけ楽しいのだと。

やはり我輩は、論理をこねくりまわす方が好きだったようだ。
(簿記もこれからの時代必須で、会計関連の科目もとってるし在学中に簿記ぐらいは取る予定)

どうなるかわからないけど、
法律でお仕事したいという気持ちが湧いてきた。

ということで、とりあえず目標として、
何らかの法律の資格を取ろうと考えている。
必ずしも難関資格じゃなくていいと思ってる。

後期の成績次第で取る資格や最終的な方向性を決めたい。
当面は、大学の授業を最大限理解することに努めたい。

法学部生、課題に追われる

まず最初に、記事の投稿や案件の作成が遅れていることを詫びたい。

夕方にはiPad等で仕事もしている日も多く、さいきん、土日に一気に山積みになった課題遂行およびネットでもらった案件遂行に従事しておるのだが、しかしながら、課題が終わらないのだ。

法学部の課題は多くて難解で面倒なものが多い。期末テストへの配点も大きいことから勉強をたくさんしないと卒業できない仕組みになっている。
法学部は卒業が大変とはよく聞くが、本当に大変であるようだ。

最近は、「法学入門」というすごく簡単そうな科目で、急にゴリゴリの難しい法律課題を出してきて驚いた。優しそうな教授で、いままで簡単な内容を教えていたのでぶっちゃけ舐めていたのだが、本気出し始めたってことか?

「昭和52年7月、Xは、Aに対して1000万円を貸し付けるに際して、A に連帯保証人をつけるよう告げた。そのため、A は、B に連帯保証人になってくれるよう依頼したところ、…(略)」という風にある事件に関する経緯をつらつらと数千字並んでおり、その後に問題が付されている。この事件の内容を理解して、どう事実認定するか、どう法律を適用するか、その際法律を解釈するかを、考えて数千字で論じろ、というのだ。

とはいえ、法律に興味があれば少なくとも苦痛ではない。むしろ楽しいしワクワクする。同じ学生にもこういう人は多いだろう。だが逆に、「公務員になりやすい」とかいう甘言に誘われて法学部に入学した人にとって、この世の地獄と言うしかない。法学部に憧れる人は、「覚悟を持って」法学部に入ることにしたまえ。なお、この法学部特有の厳しさは一定の水準以上の大学のみらしい。楽なところは楽だとか。

さて、課題が終わっても次週にまた課題が増えるわけであって、我輩のルーティンを抜本的に改革しないといけない。もっと効率的にタスクをこなさないといけない。