更新1年間停止することに関する簡潔な報告

ある時期から急激に更新頻度が下がったとはいうものの、
時折更新するゆえに、我輩のホームページを何度も来訪し、
更新を確認する者は意外に多い。

本を読むクズ猫

我がサイトをほんのすこしでも楽しみに思ってくれる少数の民に対し、
我輩は申し訳ない、我輩は不届き者極めりと、
不断に反省しつつも、しかしながら、
更新することが出来ぬある事情があるので致し方なし。

我輩はその事情を理由に、更新滞りを正当化していたが、
いよいよあまりにその事情が及ぶ期間は長期に及び、
このサイトはほぼ更新を停止していると思っている人もいよう。

或いは、もう、ワガクズはサイトの更新に飽きたのだ、と
ため息を吐きながらやれやれとあきれ返る人間も存在しよう。

謙虚犬とクズ猫

決してサイトの更新を停止していないし、更新をあきてもいない。
実はある目標があって、その目標のために動き出したら死ぬほど忙しくなったのだ。

それはこのサイトを巨大たらしめる大事な要素であって、
なんせ事情が事情であって、更新出来ぬ。

それではいったいその事情は、なんなのというお話になるが、
しかしながら、我輩はいまそのことを発表することができない。

いつか開示するから待ってほしい。
このサイトは死ぬまで運営していくつもりだ。

末長い目線で我がサイトを見守ってほしい所存なり。

注意
更新を停止するだけで、サーバー費は払い続けているので閉鎖しないよ!
事故とかで死亡したら、誰もお金払えないので閉鎖になりますが。

「メンヘラのための成功法則」精神が弱いアナタのための最良な生き方→「ラクして生きる」とは?〈書籍〉

あくせく働くより、ダラダラ生きるのもまた一興


メンヘラのための成功法則


メンヘラってなぁに?


精神衛生を英語にするとメンタルヘルスと呼ぶ。

これに由来したのがメンヘラ1)メンヘラには、異性に強く依存し、自己肯定感が低く、希死念慮が他人より強い。メンヘラは「思わせぶりで死ぬことはない」という根拠がない言説が蔓延されているが、深刻な精神病を患っている可能性があるため、そう考えるのは早計である。人に承認してもらいたいという欲求はどんな人間でも求める普遍的欲求であり、病んでいる人を貶める権利は我々には決してない。そして、我々もいつ精神という不確かなものに不調をきたすかわからない。精神は、壊れるときは、ガラスのようにこなごなに破損し、もう一生元には戻らない。我々は普通、そんな脆くて不安定な精神を、他人の優しさや健常な環境でなんとか修繕を重ね、普通に生きてこれたにすぎない。メンヘラや精神病を患った人は、精神の修繕を助けてくれる要素に他人より恵まれなかったのだ。それゆえに、つらくて悲しいことがあると、自分は生きる価値がないと思い込んで自殺したくなるのが彼らの正直な本能的欲求である。だが、どんなに自分が無価値だと言われ、馬鹿にされ、自信がひとつも無くても、どこかで必ず必要とされ、求められ、価値を承認してくれる場所があるはずだ。思い悩んで路頭に迷う方はぜひ「メンヘラのための成功法則」を読んでほしい。作者のように、憂き目を教訓に、人を啓蒙する側として何かを発信できたらなんて素晴らしいことだろうか。という語であり、精神に何らかの問題を抱える人をさす。

注意せねばならんのは、メンヘラたる用語は、罵倒用語として利用されることがしばしばで、公の場所で使えない言葉であるということである。

クズ猫
“「メンヘラのための成功法則」精神が弱いアナタのための最良な生き方→「ラクして生きる」とは?〈書籍〉” の続きを読む

References   [ + ]

1. メンヘラには、異性に強く依存し、自己肯定感が低く、希死念慮が他人より強い。メンヘラは「思わせぶりで死ぬことはない」という根拠がない言説が蔓延されているが、深刻な精神病を患っている可能性があるため、そう考えるのは早計である。人に承認してもらいたいという欲求はどんな人間でも求める普遍的欲求であり、病んでいる人を貶める権利は我々には決してない。そして、我々もいつ精神という不確かなものに不調をきたすかわからない。精神は、壊れるときは、ガラスのようにこなごなに破損し、もう一生元には戻らない。我々は普通、そんな脆くて不安定な精神を、他人の優しさや健常な環境でなんとか修繕を重ね、普通に生きてこれたにすぎない。メンヘラや精神病を患った人は、精神の修繕を助けてくれる要素に他人より恵まれなかったのだ。それゆえに、つらくて悲しいことがあると、自分は生きる価値がないと思い込んで自殺したくなるのが彼らの正直な本能的欲求である。だが、どんなに自分が無価値だと言われ、馬鹿にされ、自信がひとつも無くても、どこかで必ず必要とされ、求められ、価値を承認してくれる場所があるはずだ。思い悩んで路頭に迷う方はぜひ「メンヘラのための成功法則」を読んでほしい。作者のように、憂き目を教訓に、人を啓蒙する側として何かを発信できたらなんて素晴らしいことだろうか。