検索クエリ、英語強すぎワロタ

Googleサーチコンソール1)Googleサーチコンソールとは、Googleが無償で提供しているサービス名のこと。このサービスで、サイトへアクセスしたユーザーの動きを把握できる。例えば、どのような検索ワードでサイトに流入したのか、とか。で検索クエリ4)クエリとは、データーベースに対する命令文またはお問い合わせ内容のこと。検索クエリとは、検索エンジンで検索されたワードのこと。サイト運営において、アクセスの増減や方針転換に関わる重要な指標の一つ。なお、クエリは質問という意味の英単語queryから来ている。を見て驚いた。

英会話をネタに記事を書こうとする

我輩は、1ヶ月ほど前だろうか、オンライン英会話サイトのDMMとレアジョブの比較記事を書こうと思いたち、両者の無料体験に挑戦した。もともと英会話に興味があった、という理由もある。

体験談を書いてると、急にメンドクサくなって書くのを止めた。

というのも、英語に関しては競合サイト多い2)ただでさえ英語関連のワードを検索エンジンで検索すると、死ぬほど金をかけてSEO対策してるサイトまたは超老舗サイトが検索結果の上位に君臨している。その上、オンライン英会話サイトの比較なんかは、英会話コンプレックスの日本人が大好きなトピックだ。し、今更ペーペーの我輩が筆を持っても遅いと思ってやる気が喪失したのだ。

しかしのちに、英語の記事を書くべきだと悟る。

英語ってマジで需要ある

「DMMとレアジョブ、どっちが良いのか!?」的なタイトルの記事を書いて、中身を空白のままこのサイトで公開した。中身が無いのに検索エンジンにインデックス3)インデックスとは、検索エンジンの検索結果にサイトやそのページが表示されること。されたら、SEO的にも良くないと思い、途中で未公開にした。

しかし、未だに検索上位にあるという謎仕様。

公開設定しているクレジットカードのアルバイトの記事や日雇いの記事よりも、未公開設定している英語の記事の方が人気というのは微妙な気持ちだ。

前者の方が言うまでもなく時間とエネルギーを投資してるのだ。実際にアルバイトをして汗を流し、疲れた身体を鞭打って体験談を書いてるというのに、たかだか三十分のあいだ、外国人と会話した感想を書いた記事の方が検索流入が大きい。酷いものである。

ニッチなワードで検索順位一位を目指すより、超人気なワードで検索順位20位を目指した方が案外近道だったりして。馬鹿のひとつ覚えのように、「ニッチなワードで検索順位一位を目指せ」みたいな怪しいネットビジネス商材は雨後の筍のように出てくるが、その一位を取るのが大変なのだ。

「女の脇 おにぎり 食べたい」

多分、この検索ワードで一位を取るのも難しい。

たまたま英語学習が好きでよかった

英語の記事はアクセス数が増えると見て良さそうだ。英語学習をしている身からすると、英語の記事を書くのは苦ではないので、実に愉快なこと限りない。もし我輩が英語を勉強しない人間であったならば、トラフィック5)トラフィックとは、時間当たりの通信量。トラフィックが多ければ多いほど、アクセス数が増える。トラフィックが増加しすぎて障害を起こすこともある。増加を見込める、芸能人の不倫の話やパズドラの攻略についての記事を書いてたかもしれない。

正直、芸能人のドロドロ不倫話や大して興味がないゲームの話を、お金のためとはいえ書きたく無い。

もし、「これは仕事なのだから、書きたくないけど割り切らなきゃ」という姿勢を堅持して、不倫やゲームの記事を書きまくることができるならば、今頃我輩は、両親を安心させるために正社員になっている。

割と需要のある「英語」を勉強してよかった、という話でした。

References   [ + ]

1. Googleサーチコンソールとは、Googleが無償で提供しているサービス名のこと。このサービスで、サイトへアクセスしたユーザーの動きを把握できる。例えば、どのような検索ワードでサイトに流入したのか、とか。
2. ただでさえ英語関連のワードを検索エンジンで検索すると、死ぬほど金をかけてSEO対策してるサイトまたは超老舗サイトが検索結果の上位に君臨している。その上、オンライン英会話サイトの比較なんかは、英会話コンプレックスの日本人が大好きなトピックだ。
3. インデックスとは、検索エンジンの検索結果にサイトやそのページが表示されること。
4. クエリとは、データーベースに対する命令文またはお問い合わせ内容のこと。検索クエリとは、検索エンジンで検索されたワードのこと。サイト運営において、アクセスの増減や方針転換に関わる重要な指標の一つ。なお、クエリは質問という意味の英単語queryから来ている。
5. トラフィックとは、時間当たりの通信量。トラフィックが多ければ多いほど、アクセス数が増える。トラフィックが増加しすぎて障害を起こすこともある。