GAPの店員さん、客が誕生日クーポン使う時は、祝ってやってください

どうでもいい猫

元ニートの一人暮らしはシンドイ。書きたいことがあっても、体力がないので先延ばしにしてしまう。

ひとりぼっちの誕生日

先日、我輩は誕生日を迎えた。嬉しかったことと言えば、GAP1)GAPとは、ユニクロなどと肩を並べるファストファッション業界の有力会社。安くて無難な服が多いことから、我輩はGAPを気に入っている。で「誕生日クーポン」を使用して半額でズボンを購入できたぐらいしか無い。

店員にぐらい、我輩の生誕日を祝福してくれると予想したが、それもなかった。接客にありがちな機械的なマニュアルの文言でも良いのだ。ただ、一言、咽喉から祝辞の言葉を頂戴したいだけなのに…

ていうか、ネットの口コミでも書いてあるが、東武にある池袋のGAPの店員の接客は最悪レベルだった。埼玉のGAP2)とくに、川越のGAPの店員さんは神対応である。が神対応だっただけに、少々不愉快な気分になってしまった。

東京の大きな店舗だからといって接客が良いわけではない。

こんなの当たり前のように思われるが、東京に憧れを持っていたかつての我輩のような青二才は、ついつい東京の店舗はスンバラシイ!と思い込んでしまうのだ。上京者は覚悟するべきだ。地方でも、商店街やビルがある中核都市に住んでる人はわざわざ東京に出る必要性はあまりない。

これはまた次回、「東京ってそんなにいい街じゃないよ」的な記事を書きます。

注釈(References)について 注釈記号(例えば、1)、2)等)をクリックすると注釈に飛びます。注釈の矢印(↑)をクリックすると、注釈記号のある場所に戻ります。マジで便利すぎ。

References   [ + ]

1. GAPとは、ユニクロなどと肩を並べるファストファッション業界の有力会社。安くて無難な服が多いことから、我輩はGAPを気に入っている。
2. とくに、川越のGAPの店員さんは神対応である。

クズ、必死の営業で契約をとる喜びを知る(クレジットカードの受付のアルバイト体験談 第4話)

笑い方を忘れる猫

ニートの底辺穀潰しクズといえば、まず、我輩のことといえばよろしい。しかし、こんな我輩でも時には役立つときが来る。

クレジットカードの営業の詳細

我輩のクレジットカードの業務には2つ存在する。一つは受付業務、二つは駅で小汚い机を出し、その横に旗とか出して、その周りで勧誘する業務だ。新人の我輩は、不本意ながら、駅構内のドサ回りをやらされる。

新人の我輩がいかに評価されるか?

“クズ、必死の営業で契約をとる喜びを知る(クレジットカードの受付のアルバイト体験談 第4話)” の続きを読む

我輩がスーツを着ても底辺は底辺であるということ(クレジットカードの受付のアルバイト体験談 第3話)

冷たい目線を受けるスーツを着た底辺

五連勤が終わった。明日には六連勤になる。正直我輩は精神的にきている。疲れた身体でこの記事を作成した。

スーツを着用するということ

我輩は、いつしか、スーツを着こなすサラリーマンを憧憬していた。東京に来ると、同年代の男がイカしたスーツで颯爽と街を闊歩している。

一度はスーツを着てみたいと思うのが男という生き物である。

それも、ただのコスプレではなく、社会的な要求に従って、社会的な組織に属しながら、スーツを着ることに、価値があるのだと思う。

そんなことを思っていた折に、我輩はクレジットカードの受付業務のアルバイトを始めた。指定の服装はスーツである。

そう、スーツを着用する機会を神から賜ったのである!

“我輩がスーツを着ても底辺は底辺であるということ(クレジットカードの受付のアルバイト体験談 第3話)” の続きを読む

我輩は無能である(クレジットカードの受付のアルバイト体験談 第2話)

我輩は無能である
「無能」という概念について(追記:2018/09/04)

今では人並みに仕事が出来るようになり、我輩自身を過剰に無能と呼んでいたのは正しい認識ではないと理解できるようになった。今考えれば、ニートしていた状態から普通に働けば、誰だって最初は無能である。ニートでなくても、特別な場合を除いて、どんな仕事も最初はみな無能からスタートする。読者諸氏よ、お互いに頑張ろうではないか。

詳しくは「『無能』という概念についての簡潔な報告」を参照。

取り急ぎ、スマホからの投稿である。

あと40分後に仕事である。5連勤となり、また明日も仕事がある。嫌である。

仕事してない時も仕事の事を考える

仕事までの待ち時間に暇なのでスターバックスで300円も出して暇を潰しているのだ。正直言うと我輩は死ぬほど貧乏であるから、こんなコーヒーを飲まないで我慢しないといけない。

そしてこんなちょっとした時間も分厚いマニュアルを読んで勉強しないといけない。それぐらいクレジットカードの業務は覚えることが山ほどあるってわけだ。

でももう、頭がつかれているのだ。何もやりたくない。

我輩はクズである。

クズであるゆえか、社会人になってもおかしくない年齢の我輩が、なんと今日初めて平日5連勤を経験した。情けないことだが、休みなく週4で働くだけで、もう身体が疲労を感じている。

我輩はまだまだ覚えるべきことは多い。新しい業務をやらされるとき、毎回心臓が破裂しそうな気持ちになる。

無能がバレやしないか?いやバレているの

我輩の無能((はバレてはいない模様であるが、しかしながら、我輩は毎日が精一杯でたった数日で血反吐が吐きそうである。

仕事状況

・受付員側に椅子が無く、何故か立ちながら受付を遂行せねばならない。

・受付とは名ばかりで、蒸し暑い駅構内でキャッチする仕事が大半である。受付業務という言葉に帯びる優雅なイメージは全部虚構であった。

・ノルマはないと言っているが、どの者がどれくらい契約をとれたか詳しく調べられ、契約数が少ないとエリアリーダーに文句を言われるか叱責されるような職場である。仕事を締めるときに、エリアリーダーがメンバーの名前をあげて契約数を確認する。そのとき恐ろしく嫌な雰囲気に包まれる。

・クレジットカードの契約のみならず、電気自由化を背景とした電気サービスも、ゴリ押し営業して契約をとらないといけない。

・エリアリーダーが30代から40代の派遣社員で、若い正社員に頭を下げている。このエリアリーダーは俺よりちょっと時給が高い。

・我輩はパンチの使い方がわからず、パンチの中に入っている紙クズを床にぶち撒く(なお、すぐにリカバリーしてバレなかった。)

今日から新しい職場である(クレジットカードの受付のアルバイト体験談 第1話)

説教する先輩

今日の午後から、デパート内のクレジットカードの受付及び勧誘の派遣アルバイトが始まる。

仕事の準備をしないといけない時間にこうやって記事を書いているので、取り急ぎ簡単に仕事内容やらを説明しよう。

元無職にとってハードルが高い仕事?

この仕事は特定のクレジットカードの利点を説明して、入会を猛烈に進める仕事だ。カードに付随して、他のサービスも売り込まないといけない。営業と考えると良かろう。

主に時給がべらぼうに高かったからという理由で、この仕事を選んだ。1)時給が高いと言っても、時給1600円である。また、以前と同じくコンビニアルバイトをしても何も変わらないと思い、多少難しくても、新しい仕事に挑戦したいと思った。

所詮はアルバイトかも知れんが、我輩にとっては大きな第一歩だ。

ただ、憂慮すべきことが一点。

仕事を続けられない我輩は、正直、今回の職場もすぐに辞めてしまはないか心配だ。

昨日の夕方、担当するクレジットカードの詳細のPDFがメールで届き、我輩はそれを1時間かけて丸々暗記した。その詳細に書かれていないことも、ネットで調べて猛勉強した。

仮にも東大を目指した身だ、暗記だけは何とかなった。無能であることは時期にバレてしまうが、とにかく今はベストを尽くさねばならない。

References   [ + ]

1. 時給が高いと言っても、時給1600円である。

現在よりちょっと過去の話 Part 1

人生辛すぎて変な顔をする猫

さっそく日記を書かせてもらう。
手っ取り早く我輩の経歴を知りたい人は

クズの歴史(超簡略バージョン)

を参照して欲しい。

なお、我輩の長い過去の歴史はトップメニューの「クズの歴史」を参照して頂きたい。

今から、現在からちょっと過去の歴史をざっと説明する。

東京大学に不合格

吾輩は人生逆転を目指して1年間真面目に勉学に励み、東京大学の入学を夢みた。結局、東京大学文科2類に出願したが、センター試験で10点ほど足りなくて落ちてしまった。

2017年の大学受験については

大学受験全落ち事件

を参照にして欲しい。

受験にも失敗した我輩に対し、父親および母親は、いよいよブチ切れの様相を呈し、お前みたいなコク潰しの糞ニートは社会に出て野垂れ死ねと言わんばかりの嫌悪を以ってして我輩を罵倒し尽くした。

我輩も両親の精神的にくる悪口に対して必死に抵抗していた。

だが、ハッキリ言わせてもらおう、両親にとっても、社会にとってもなにも生産性がない我輩が、両親に対して偉そうに口答えする権利など無いようである。

いくら尊厳を持って生きようとも、自分は社会の中の一番下に属する人間であり、両親からも半ば呆れられ、誰一人我輩の味方になってくれるものがいない。

こうなったら野垂れ死ぬ方がマシかもしれない。

だが、以下のキャッチフレーズを以ってして力強く生きてやろう。

現在よりちょっと過去の話 Part 1

人生辛すぎて変な顔をする猫

さっそく日記を書かせてもらう。
手っ取り早く我輩の経歴を知りたい人は

クズの歴史(超簡略バージョン)

を参照して欲しい。

なお、我輩の長い過去の歴史はトップメニューの「クズの歴史」を参照して頂きたい。

今から、現在からちょっと過去の歴史をざっと説明する。

東京大学に不合格

吾輩は人生逆転を目指して1年間真面目に勉学に励み、東京大学の入学を夢みた。結局、東京大学文科2類に出願したが、センター試験で10点ほど足りなくて落ちてしまった。

2017年の大学受験については

大学受験全落ち事件

を参照にして欲しい。

受験にも失敗した我輩に対し、父親および母親は、いよいよブチ切れの様相を呈し、お前みたいなコク潰しの糞ニートは社会に出て野垂れ死ねと言わんばかりの嫌悪を以ってして我輩を罵倒し尽くした。

我輩も両親の精神的にくる悪口に対して必死に抵抗していた。

だが、ハッキリ言わせてもらおう、両親にとっても、社会にとってもなにも生産性がない我輩が、両親に対して偉そうに口答えする権利など無いようである。

いくら尊厳を持って生きようとも、自分は社会の中の一番下に属する人間であり、両親からも半ば呆れられ、誰一人我輩の味方になってくれるものがいない。

こうなったら野垂れ死ぬ方がマシかもしれない。

だが、以下のキャッチフレーズを以ってして力強く生きてやろう。